フィッティング

これまで書いてきたような転職についての考えをまとめるために大変役に立ったのは、以下の書籍。 「転職面接必勝法」細井智彦 講談社 リクルートエージェントのカリスマキャリアアドバイザーといわれた人の著作である。タイトルは、あおり系だが、転職を進める上でどのように考えていけばよいか、骨太の「転職ストーリー」をつくるにはどうしたらよいかが丁寧に書かれており、想定問答に終わらない転職指南本としてとてもお勧め...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロファイリング

例えばB社の求人票の記載を眺めてみる。 <知的財産管理> 【仕事の内容】 (1) 特許に関する係争対応(国内外権利行使・訴訟・交渉を含む) (2) 特許契約における各種調査・書類作成など   ★海外進出の要となる大変重要な業務です。 (3) 特許ライセンス交渉や特許係争業務 (4) 技術者への知的財産教育や日常的な特許調査業務 (5) 技術者、弁理士事務所と連携して、設計途中で生まれたアイデアの中...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Before と After

転職の前後で変化するものは何か。そして、私はそのうちのどこに惹かれるのか。 5W1Hで考えてみる。 1. 何を(提供するサービス)   特許事務所:権利化   企業知財部:知財戦略、発明抽出、特許調査、出願判断、権利化、ライセンス交渉、特許係争対応、特許教育 2. 誰に(顧客)   特許事務所:企業知財部、知財部門がない会社は開発者や経営者   企業知財部:事業部門(開発設計)、研究者 3. なぜ...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

転職理由

なぜ、いま転職しようとするのか。 現職への不満がそのキッカケであり(「なぜ今か」)、その裏には潜在的な転職理由があると言われる。転職の際には、両者を解消するように目的を定めて活動するのが肝要だ。 私の場合、キッカケとなった現職への不満は、端的に言えば「特許明細書を書くのに飽きた」ということだろう。3年くらい前にも、この不満が浮上してきたのだが、その頃、事務所内のシステムを整えるとか、後進の指導をす...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

転職までの道のり

2008年2月末をもって、特許事務所を退職し、3月から事業会社に転職した。 転職を考えだしてから実現に至るまでの経緯をまとめておく。 2007年6月 来年度から企業へ転職しようと決意。(所長との面談がキッカケ) 2007年10月半 中小企業診断士受験を決意 2007.11.18 転職エージェントR社にWebから登録   キャリアシート、職務経歴書、転職アンケートを提出(WEB&メール) 2...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

趣味ならず

毎冬1週間くらいは家族でスキーに行く。ここ5年ほどは、年末年始もスキーで過ごすのが通例になっている。もともとはPさんの趣味で、私は結婚前に強く勧められて始めたのでキャリアだけは20年近くになる。子どもたちは、板が履ける3歳の冬から始めていて、すっかりスキーの虜になっている模様。 今年も、元旦の朝から志賀高原に向かい、午後いっぱい吹雪の中を滑ってきた。翌日は、朝から子どもたちの嗜好につきあって高天原...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オープンウィッシュリスト

お知恵拝借系の願いや、宣言系の願いは、公開するとパワーアップするらしい。 いくつか公開してみよう。  ・おいしい玄米の炊き方をマスターする。家族みんなで毎日喜んで食べる  (どうも子どもたちに不評の玄米。かまどさんも定着したので、なんとかおいしい炊き方を手に入れたい!)  ・格好良くて履き心地のよいパンプスを手に入れる  (ここぞと言うときにはウォーキングシューズでなく、パンプスで決めたいところ。...

» Continue reading

| | Comments (2) | TrackBack (0)

願いごと手帖

ももせいづみさんの、『運と幸せがどんどん集まる「願いごと手帖」のつくり方』を買った。 願いをなるべくたくさん大きいことも小さいことも思いつくはしから並べて書くだけ。 それだけで、本当に願いがかなう。 しかも、かなった幸福感がどんどん貯金されて 運が集まってくる  (同書第1章より) 手帳オタクの私は、大学の頃から種々の手帳を使ってみては飽き足らなくて乗り換えるのを繰り返している。最近の手帳話のいく...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

万歩計効果

ムギさん(勝間和代氏)の新著、「新・知的生産術」を買った。発売日12/14は大阪出張中で、予定より遅くなって新大阪の駅で数分しか余裕がなく、これは無理かと思いつつ本屋に向かったら、一番目立つ入口付近にど~んと陳列してあって、ひっつかんで購入し、帰りの新幹線で読むことができた。 生産性を上げるヒントがぎっしり詰まった本なのだが、本の紹介は他の方々におまかせして、ここではこの本に触発されて私が起こした...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

幅を広げる

弁理士会に知財価値評価推進センターという付属機関がある。私は去年からそこに属している。ここにいると、どうしても会計とのかかわりが避けて通れない。簿記をやろうと思い立ったこともあるのだが、どうにもとっつきにくい。いっそ会計士をとってしまった方が体系的理解のためにはよいだろうか。幅も広がるだろうし。などと思ったりもしたが、とくに知財価値評価をやりたい気持ちが強いわけでもないので、それにしては投資効率が...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«行き詰まって