« 採用シーズン | Main | ふるさとカナダ »

月間MVP

12/3の土曜は、Pさんがいなかったので、囲碁教室に送迎した。迎えに行くと、帰りに先生が「ゲンゲン、11月のMVP」といって、折り紙セットをくれた。ゲンゲンに聞いてみると、「ぼくね、11月一番点数が上がったんだ!」と嬉しそうである。

フウタとゲンゲンの通う囲碁教室は、勝ったら1点、負けたら-1点のつく点数制を取っている。そして、対局する時は、その点数差でハンデがつく(例えば10点差なら1子とか)。教室に通っている子の点数は一覧にして壁に貼ってあるが、0点前後から200点近くまで開きがある。フウタが今120点くらい、ゲンゲンが50点くらいである。

そして、一月の間に最も点数を稼いだ子どもにはMVPと称して先生からなにか賞品が贈られるのだ。子どもの年齢に応じて適当なものが用意されるらしい。ゲンゲンの賞品を横目で見ていたフウタは、「よし、12月はオレも頑張るぞ!」と意気込んでいた。

|

« 採用シーズン | Main | ふるさとカナダ »

Comments

The comments to this entry are closed.