« スキーシーズン到来 | Main | 繁忙期 »

アクションプランナー

少し前に、フランクリンプランナーの2006年のリフィルを買ったと書いたのだが、その後、「佐々木かをりの手帳術」を読んで、1週間見開き2頁、朝7時から夜10時までの10分刻み、土曜・日曜も平日と同じだけのスペース、というところに惹かれ、彼女の監修したアクションプランナーを買ってしまった。

フランクリンプランナーでは、TODOに挙げたことが、どんなに順位をつけても達成できなくて、毎日書き換えるのにうんざりしたり、マンスリー、ウィークリー、デイリー、とスケジュールやリストを書くところが複数あって、漏れや抜けができたりしてストレスを感じることがあった。佐々木さんの手帳術には、TODOは、発生したらその場でいつやるかも決めてしまって、そのスケジュールの中に書く、また、スケジュールは、一カ所で管理するべき、という発想が紹介されていた。なるほどと思ったので、今までのフランクリンプランナーへの投資額がかなり惜しかったものの(笑)、とりあえず、やってみることにした。

何よりありがたいのは、スリムなノートタイプの手帳なので、重くなくて鞄を圧迫しないこと。私はかなりの小柄なので、この点はとても重要だ。

気になるのは、価値観やミッションステートメント、目標を書くところがないということだが、とりあえず、現状のパーソナル・マネージメント・ページの価値観からミッションステートメントの頁を抜き出して、カバーのポケット部分に挟み込んでいる。と、ここまで書いて、スターターパックだけ購入して使えばいいのか、と思いついた。一週間コンパスをしおりにして挟んでおくという手もありそうだ。(ここで、ひょっとして、クラシックサイズでも行けるんじゃ?と思ったが、ぎりぎり縦が入らない。残念。)

ジャーナル頁がないので、とりあえずその日の頁にメモしておくと言うことができないが、これまでもそこまで使いこなせていなかったので、大きく影響はなさそう。メモ用紙は持ち歩くことにして、散逸しない工夫をしていこう。

12/12から2006年版が始まったので、一週間使ってみたが、やはり一覧できるというのは便利である。仕事の計画をどの程度詳細に書き込むかにまだ基準が確立できていないのだが、しばらく試行錯誤してみようと思う。

#私が目新しい手帳を持ち歩いているのを見たPさん、「また変えたの?好きだね~。手帳フェチだね!」と爆笑していた。ちぇ。

|

« スキーシーズン到来 | Main | 繁忙期 »

Comments

こんにちは♪
アクション・プランナー、2005年から
使っています~。赤いの。
で、2006年は緑の。
すごく使いやすいのですが、
朝の通勤電車で一日の予定を確認すると、
周りから見えるのでは?と
気になるのが唯一の難点でしょうか。
佐々木かをりさんの前の手帳本ではまり、
でも、今度の本も買ってしまいました。
(実はあんまり違いはないんだけど)

Posted by: さるとる | December 22, 2005 at 12:02 AM

さるとるさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

確かに、覗き込まれると丸わかりかも。
でも、TODOまで書き込もうと思うと欄が狭いので、だんだん書く内容が暗号化しつつあります(笑)。

実は、佐々木さんの本、私も2冊とも買ってます。
1冊目の時は、まだアクションプランナーが出ていなかったこともあり、
さらに、ミッションや価値観を考えているところだったので、スケジューラに
偏ることに不安があって、踏み切らなかったんです。
2冊目の方が、かなり具体的で、私にとってはより響くものがありました。

Posted by: せんり | December 22, 2005 at 10:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スキーシーズン到来 | Main | 繁忙期 »