« The Power of Full Engagement | Main | Spirit »

エアロビクスがやりたい!

今日は、子どもたちと一緒にジュニアスポーツ体験イベントという小学生向けの無料イベントに行ってきた。コーディネーショントレーニングを30分したあと、ハンドボール、ソフトテニス、野球、サッカーの4種目を25分ずつローテーションして体験・体感できるというもの。

野球コーナーではティーバッティングやノックバッティング、ストラックアウトに投球スピード測定ができ、初めて測定して58キロと言われたフウタはとても喜んでいた。サッカーでもボール運びやシュートの体験。ハンドボールやソフトテニスはなじみがない分、特にゲンゲンには難しそうだったが、二人とも楽しんで帰ってきた。

いいなぁ。

このところ、「エアロビクスを思い切りやって汗をかきたい」熱が再燃していて(日常生活に組み込まれていないので定期的にやりたい病にかかる)、なんだか子どもたちがうらやましかった。何度か書いているが、私はエアロビクスが好きだ。すべての運動の中で最も好きだと思う。音楽をかけて運動するのが性に合っているのだろう。

どうにかして今の生活からフィットネスジムに通う時間が捻出できないかと考えてみたのだが、なかなか難しい。ウィークデイは、そもそも3日はお迎えの日と決めているわけで、平日にジムに行くとすると、すでに入っている夜にかかる予定の終了後にジムに向かうことになる。まあ、あちこちのスポーツクラブの会員権種別を見ていると、夜9時からのみ使用できる会員なんていうのもあるので、ありえない話ではなさそうだが。

あまり積極的に土曜日に定常的な予定を入れたくもないのだが、すでに子どもたちの囲碁教室が入っていることでもあるし、私自身のエアロビクスを土曜日の午前中に組んでしまうことも考えてみた。しかし。自宅の近所にスポーツクラブが一切無い(-.-)。プールやマシンルームだけの公共施設ならあるのだが、それではエアロビクスがやりたいという私の目的にはまったく役に立たない。

そもそも、自宅でワークアウトはできるからマシンルームはいらないし、プールは子どもたちと週末に行けばいいわけで、エアロビクススタジオだけあれば良いんだけどなぁ。

と、いつものように頓挫してしまった。
誰かにビジター券を都合してもらって、不定期に行くことを考えようか。

それよりも、最近ワークアウトメニュー先細りだ。夏頃のエントリーを読み直していてあまりのサボりぶりに我ながら呆れてしまった。書いておくというのは重要だ。実行するのはもっと重要。明日から気を取り直して頑張ろう。

今日はもう入浴して寝ようっと。

|

« The Power of Full Engagement | Main | Spirit »

Comments

YYYはどうでしょうか?
自転車で行くには遠すぎる?
日曜日はスタジオレッスンがないのですが、土曜日ならありますよ。

私もエアロビは行きたいんだよね。
って、行きたいと言ってる間は行かないで終わってしまうので、医者の許可が出たら『行くぞ!』

Posted by: サワコ | January 23, 2006 11:11 AM

ちょっと自転車だと遠いかも。
坂を下って上ってだし。

なにより職場と反対方向なので、そうすると土曜日しか行けなくなってしまう。
できれば、両方から行きたいんですけどね~。
平日行ける可能性はすごく小さいけど、捨てたくはないんですよね。
なかなかうまくいかない。

でも、やりたい!

Posted by: せんり | January 23, 2006 01:03 PM

ではではジャスコの近くのアクトスだったらもう少し近くなるのでは?
・・・でもやっぱり通勤と逆方向になっちゃうよね。

私も実は結構エアロビクスって好きで、かれこれ10年くらい、細々ながらチャンスがあれば通っているって感じです。同じストレッチや筋トレも、なぜか音楽がかかっている中でやると続けられるって、何か効果あるんでしょうかねぇ?

Posted by: しろいるか | January 27, 2006 12:14 PM

それは、きっと音楽と自分の相性がよいからだと思います。

友人の中には、音楽がかかっていると、それに合わせることを頭で考えなくてはならないので、かえって動きが難しくなってしまうというタイプもいますから。

アクトスもついでにエグザスも考えたんだけど、やっぱり方向がね。。。
家から歩いて5分くらいで欲しいところですわ(^^ゞ。
土地柄無理そうだけど。

Posted by: せんり | February 04, 2006 04:01 PM

The comments to this entry are closed.

« The Power of Full Engagement | Main | Spirit »