« コーチングセッション5回目 | Main | 選択と集中 »

家を守る人

 自分自身、仕事人、母、妻、と並ぶ私の役割リストの最後に来るのが「家を守る人」である。家事をして、家計運営をして、ライフプランを立てて、という側面。しかし、この役割、仕事が忙しくなってくると真っ先に切り捨てられる。その結果、家の中は荒れ放題で、冷蔵庫には食べられなくなった食材が溜まり、家の中が快適とはほど遠い状態になってしまう。

 家を守る側面についても、「こうありたい」という希望の状態はあって、ずいぶん昔から「スリム」「スマート」「シンプル」の3Sで暮らしたいと望んでいる。気に入った数少ないモノの中で、そのモノたちのありかがちゃんとわかって暮らしたい。私はそれほど物欲の多い方ではないと思うし、捨てられない方でもないと思うのに、どうしてこうモノのありかがすぐにわからなくなってしまい、床にモノがあふれている状態が常態になってしまうのか。単に「片付けられない女」なんだろうか。

 なにかにつけて後回しにしてしまうのが良くないのだろうとぼんやり思ってはいるのだが、家事や家計に関することを思いついたその場でしていたのでは、終わりが見えなくて寝不足になるか他のことに差し支えるのが目に見えている。ということは、やっぱりこの役割って、優先順位が低いのね。。。

 今日は、朝から子どもたちが囲碁の認定大会に出かけたので、アイロンかけをしつつ、床に散乱したモノの片付けをしていたのだが、なぜか肩凝りを感じたので、健康面の今年の目標の一つ、「毎日自転車に乗る」の方を優先して、3キロ弱先のショッピングセンターまで自転車で出かけてしまった。肩こりは解消したし、久しぶりにじっくり本屋で本を買ってそれはそれで満足したのだけれど、家の中はやっぱりスリムにはならないのだった。

|

« コーチングセッション5回目 | Main | 選択と集中 »

Comments

The comments to this entry are closed.