« スケジュールの合間に | Main | 意地っ張り »

子どもたちと楽しむ

先日、新しいネタを探しに料理本をめくっていたら、マカロニグラタンを見つけたフウタが「これが食べたい!」と言い、ゲンゲンも当然のように同調するので、平日に夜には珍しく息子たちと一緒に料理をした。

マカロニはなかったので、Fusilliという捻れた形のショートパスタで代用。タマネギとトマトのソースにモツァレラチーズを乗せるのだが、これもただのスライスチーズで代用。久しぶりにオーブン機能を使った。

タマネギをむいたり炒めたり、パスタをはかったり、グラタン皿に順に入れたりして二人で色々奮闘していた。ときには、私がお風呂の用意をしに台所から離れ、その間はフウタが料理本を見ながら進めていた。

自分たちで作る料理はことのほかおいしくて、皆よく食べる。実際おいしかったのでご機嫌だ。

そんな話をPさんにしたら、「子どもたちと一緒に料理するのが本当に好きだね。」と言われた。そして、気がついたように、「ああ、(僕の)スキーと一緒だな」と。

そう、Pさんは、子どもたちとスキーに行くのが何より楽しみで、かなりの労力をかけて実現している。まだゲンゲンが滑れなかった頃なんて、私に他に用があった日にも、子どもを2人連れてスキーに行き、ゲンゲンを託児に預けてフウタと滑ってきたりしていた。今では二人ともガンガン滑れるし、スキーに行こうと誘えば喜んでついてくるし、行こう行こうと誘ってもくれる。もともとスキー好きのPさんにはたまらない?状況。少しくらい往復の運転が大変でも、体力の衰えが膝にきてもやめられない。そんなこんなで、そこまで熱心でない私を置いて3人でスキーに行くことも珍しくない。

お互い、子どもたちと一緒に楽しめることがあってよかったね。

明日も、彼らは3人でスキーに行くらしい。楽しんでね!

|

« スケジュールの合間に | Main | 意地っ張り »

Comments

Pさん、パパの鏡だわ。夫としても素晴らしい!といつも羨ましく話を聞いているんだけれど。
子どもと楽しめることがそれぞれ別にあるっていいね。うちの夫は、子どもたちが大きくなってきて
一緒にできることが増えてきたのが楽しいみたいなんだけど、そこに私も居ないと駄目らしい。。。
スキーも1号だけ連れて二人で行ってきたら?と提案したら、最初は乗り気だったのに、「家族で行こうよ。
その方が子どもたちも喜ぶし。」というのだけれど、3号は置いて行きたいのよね。まぁ、仕方がないんだけど。
今日、夫が帰ってきたら、Pさんの話を聞かせてあげることにするわ。あと、Pさんのお仕事が早く落ち着きますように。

Posted by: まの | February 18, 2006 02:14 PM

1号くんと2人でスキーは、一度やってみるときっと家族スキーとは違った楽しさに目覚めると思うけどね(笑)。

Pさんも、ゲンゲンがまだ滑れなかった頃、2人連れて行くのはさすがにパワーがいるらしく、そう何度もやらなかったけれど、フウタと二人で行ってくるというのはよくやってました。
当時はフウタがまだ保育園児だったので、平日に有休を取って日帰りでいっちゃうとかね。それなりに一人で行動できる年齢に達していたので、あかんぼ連れと比べると行動の自由度が高くて感動したらしいです。

で、昨日のスキーでリフレッシュしたといいつつ、今日も出勤してまだ帰ってこないP氏でした。

Posted by: せんり | February 19, 2006 09:41 PM

The comments to this entry are closed.

« スケジュールの合間に | Main | 意地っ張り »