« バランスということ | Main | 部活 »

花見

自宅の近所は、市内有数の花見どころ。川沿いに散策路がつくってあり、川岸に植えられた桜並木を楽しみながら散歩を楽しむことができる。公園ではなく、住宅地の中の歩道で、近隣住民が嫌がることもあり、宴会は禁止されている。花見酒ではなくて本当に花を楽しむためだけに人が集まるので、子連れでも安心して桜を堪能できる。

自宅と保育園の間に川があり、昨夏引っ越した学童はまさに川沿いに立っているので、お迎えの後にちょっと桜見物に寄るというのがここ5年の春の習慣になっている。いつもは静かな住宅地が、かなりの人でにぎわう。たこやきや焼き芋の屋台も少しは出ている(3件くらい)ので、子どもたちにとってはそれも楽しみ。散策路を歩いていると、必ず誰か彼か知り合いに会うのも楽しいもの。保育園や学童の仲間は近所だから会うのは当然としても、ずいぶん懐かしい顔にばったりあったりするのだ。

昨日は、桜もほぼ満開に近くなったので、子どもたちのリクエストもあって早めにお迎えに行った。ゲンゲンを先に迎えに行き、2人で学童に着くと、まだ6時前だったので、フウタは第2学童の方に言っていると言われた。ちょっと迎えに行ってみようかと歩き出したが、あまり場所がよくわかっていないので、行き会わない。また戻ればいいやと気楽に構えて、週末の慌ただしさを埋めるように、ゲンゲンとのんびり周辺を歩く。保育園から遊びに来る場所を教えてもらったり。

学童に戻ると、フウタが戻っていたので、そのまま学童から川沿いをずっと歩いて夜桜見物をした。途中、樹齢の高い桜が集中しているあたりはライトアップもされてみごとなもの。しっかりたこやきも買って、ふうふう言いながら3人で食べる。途中の児童公園で保育園仲間数組に行き会ったので、子どもたちは遊具で遊び、母親はおしゃべりに興じる。話題は、新年度が始まったので、新任の保育士さんのことや、今週金曜日に迫った保育園の役決めだ。

雨がぽつぽつ降り出したので、急いで車に戻り、帰宅。花見散歩をするとついずいぶん歩くので、疲れるのだけれど、気持ちがゆったりしていい気分になれる。今日は雨だけれど、また明日にでも行きたいな。

|

« バランスということ | Main | 部活 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 花見:

« バランスということ | Main | 部活 »