« 花見 | Main | Fast Truckを走る人々 »

部活

フウタが「平成18年度部活動について」というプリントをもらって帰ってきた。

これによると、フウタの通うS小学校には、ソフトボール、野球、サッカー、水泳、陸上、バスケットボール、合唱、卓球の計8つの部があるらしい。4年生以上が参加できる。どうも文面を見た限りでは、年度ごとに募集しているらしく、4年生で入部してずっと継続してその部活に励むというわけでもないらしい。

私の持っていた部活のイメージだと、定員があって誰でも希望すれば入れるという甘いものではなく、入部したら毎日何があっても出席しなくてはならず、通年で毎日毎日ひたすら練習に励み、掛け持ちなんて甘えたことは許されない、というものなのだが(笑)、ずいぶん様変わりしているようだ。

まず、部毎に「活動期間」がある。シーズン制なのだ。通年で活動しているのは、なんと合唱部と卓球部のみ。水泳部と陸上部は夏の2ヶ月だけだし、野球とソフトボールは春と夏、サッカーとバスケットは秋と冬、と二毛作のようにみごとに分かれている。オフシーズンの間は水泳部も陸トレをするという発想はないみたい。

当然、兼部もあり。活動期間が重なるものはできないし、通年のものと掛け持ちする場合は、活動期間が限られている方を優先するというルールはあるのだが。なにせ顧問の先生自体があちこち掛け持ちなのだ。

さて、フウタはオリエンテーションがあった日の夜、さっそく「野球部に入ってもいい?」と聞いてきた。そして、今日入部届をもらってきて、「保護者の欄に名前を書いてはんこ押してね。」この後、入部届は担任の印をもらって顧問に提出されるらしい。さて、いつから活動開始なのやら。

入部届には、曜日ごとに参加・不参加を○×で記入する欄があって、さらに、参加時間帯も記入できるようになっていた。フウタは月曜日に学童で高学年会議があるから、毎週月曜は不参加にするらしい。なるほど、これなら塾に行っていても習い事があっても部活にも気軽に参加できる。私の頃よりも児童数がずっと少ないから、参加する人数を確保することが先決なのだろうか。

私の感覚からすると、ずいぶん緩やかで、お気楽サークル活動のように見えるのだが、どうしてどうして、S小学校は、それぞれの部活で結構よい成績を収めているのだった。うーん。不思議。他の学校の事情も似たり寄ったりなのか、指導がいいのか。

なんにしても、「高学年」、たのしみなことである。

|

« 花見 | Main | Fast Truckを走る人々 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 部活:

« 花見 | Main | Fast Truckを走る人々 »