« 総会ラッシュ | Main | 朝の体操タイム »

誘惑

フウタの部活が終了する時刻が18時(夏)。学童保育所の閉所時刻が18時半。部活が終わって学童にたどり着くのは18時15分~20分くらいになるらしい。学童と自宅は学校を挟んで反対側になる。10分や15分のために毎日へとへとの体を引きずって学童に行くのもなんだかなぁ、と思って、部活のある日は家に直接帰ることにしたら?と提案。

ついでに、鍵を持たせて親の方が多少遅れても家に入れるように手当てした。保育園の閉まる時間は20時だから、フウタが先に帰っていてくれれば、7時くらいになってもお迎えの算段がつく。特に、Pさんにとってはその30分がかなり大きいので、それでペースができればいいな、という目論見だった。

しかし、そこまでさせるのはまだ早かったようで。

雨で部活が中止になったり、何かの理由で部活を休むときは従来通り学童に行くという約束にしていたのだけれど、鍵を持っているということは、フウタにとっては学童に行くのと並んで、自宅に帰る=友達と遊べるという選択肢を手に入れたということだったようだ。

部活に行っていると思って家に帰ってみると、6時半近くなっても帰宅していないから学童に行ってみると不在。フウタは今日は部活に来なかったよ、と同級生に言われる。どうやらクラスメートの家で遊んでいたらしい。そのクラスメートも同じ部活のはずなんだが、示し合わせてさぼったのか??

ということが重なって、そのたびに、部活のない時には必ず学童に行きなさいと約束するのだが、その場になるとどうにも守れないようだった。終いに、本人が部活のある日も学童に行きたい。鍵は持ちたくないと泣きつくので(約束を守自身が本人としてもなかったのだろう)、結局従来通り、鍵は持たせないことにして、毎日学童生活。まあ、夏祭りに向けて、トーチの練習もあるし、少しでも顔を出した方がいいか。

6時過ぎに私が家に帰ってくるから、直接帰ってくるようにといえばちゃんとできるんだけど。どうも鍵というのが彼にはまだ重すぎたようだ。こちらも、勝手に帰ってしばらく留守番してくれれば、と色気を出したのがよくなかったのね。

今まで3年間みっちり学童でやってきたので、急に自分でやりなさいというのは難しいか。悪天候、家庭訪問、自分の体調不良と部活ができないことが重なり、体育会系の指導への不満も少しあって、部活に対して後ろ向きになりかけていたので、ここはあまり誘惑を増やさずに、しばらくまっすぐ前を向いていてもらおう。

|

« 総会ラッシュ | Main | 朝の体操タイム »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 誘惑:

« 総会ラッシュ | Main | 朝の体操タイム »