« (10)フェイスニング | Main | (12)プロの信頼を作り出す メイク »

(11)プロの信頼を作り出す カラー診断

6月23日(土) 13:00-15:00
講師:斉藤美和

この日は、11回目講座と12回目講座が並行して行われました。個人へのアドバイスがあるため、2つのグループに分けて行われた都合です。私は、午前中に(12)のメイク、午後に(11)のカラー診断となりました。

講師は、ウォーキング講師の鷹松さんと同じ事務所所属の斉藤さん。やはりモデルなので、背は高いし、8等身って、こういう人を言うのね~という、すばらしい体型です。第二スピーチの際にお目にかかったときは白のジャケットが印象的でしたが、今日は、カラー診断ということで全身黒でした。ただし、彼女自身は春・夏タイプの人だそうで、本来は冬のカラーである黒は合わないとのこと。そこで、首がぐっとあいているニットで肌の色を大きく出してアクセサリーを着けて、という装いでした。

さて、パーソナルカラー診断は、以前に友人と3人で受けたことがあります。白い布を首から肩にかけてあてておき、その上で順に色布をあてて顔色がどのように変化するかをみていきます。おもしろいように顔色が変わるんですね。合わない色をあてると、顔色が悪く見えたり、冴えない感じになります。

カラータイプは、まずウォームタイプ(イエローベース)とクールタイプ(ブルーベース)に分けます。ウォームタイプ(イエローベース)は、肌の色が黄味(クリームがかった白、オークル)がかっていて、全体に暖かみを感じるといえます。ウォームタイプ(イエローベース)は、肌の色に青味(青っぽい白、ピンク、紫がかった褐色)があり、全体的に涼しげな感じといえます。

さらに、この2つのタイプを濃淡に分け、4つのタイプにして四季に当てはめます。ウォームライト(春)、ウォームディープ(秋)、クールライト(夏)、クールディープ(冬)になります。

冬のカラーは原色。メリハリのきいた色が似合います。5人のグループで受診しましたが、一人冬の方がいて、黒目の周りに青いラインが見えるということでした。紫や濃いピンク、黒、ピュアホワイトなどが代表的な冬の色。

原色に黄色を混ぜたのが春の色です。明るい黄色、オレンジ、明るい緑。くすみのある色はNG。セカンドカラーが春という人が1~2人いらっしゃいました。

春の色をくすませたアースカラーが秋色です。自然を感じさせる落ち着いた色。芥子色、カーキ、ゴールド。店頭には最も多く見受けられ、この色味が好きな人も多いですが、秋のタイプの日本人は実はとても少ないとか。11人で受けたカラー診断で、秋のタイプは1人だけでした。

冬の色、原色にうすーくグレーをかぶせると、夏の色になります。柔らかなパステルカラー、シャーベットカラーです。黄味の強い色、くすんだ色はNGです。日本人には最も多いタイプですね。そもそも髪が黒いので、夏のタイプが多いのだとか。

さて、私は、前回受けたときにきっぱり夏のタイプと診断され、それ以降は茶系・黄色系の服はやめましたし、かなり処分もしました。今ではほとんどのスーツがグレー系です。年を取ってきたからとちょっと敬遠気味だったパステルカラーも復活、ピンク系もよく買います。油断するとすぐグレーばかりになっちゃうので、パステルカラーをもう少し増やしたいのですが、なかなか。。

今日もカラー診断を意識して、ゲンゲンの入学式用に買った(でもビジネス仕様の)スーツを着ていきました。光沢のある明るめのグレーです。ちょっと黄みがかっているのではないかと講師の先生には言われましたが、自分ではよくわからない。で、インナーに白のニットを着ていったのですが(これもあわせてお店の人に見繕ってもらったもの)、これはちょっとカジュアルすぎるとのこと。シルク素材のパステルピンクとか、ブルー、ラベンダーあたりをあわせるとよいようです。

ということで、診断の結果も他には考えようがないくらい夏カラーでした。

講座が終わった後、受講生のうち4人で東京駅の大丸に服を見に行きました。カラーチャートとにらめっこして、お互いにこれがいい、あれがいいと言い合いながら。実際には買うまで行きませんでしたが、自分一人で行くよりずっと楽しいし、普段買わないタイプの服がみられて良かったです。

7/4のスタイリング講座では、カラー診断結果を踏まえて、全体のスタイリングについて講義があるので、本番用の服装をつま先から頭のてっぺんまでしてくるようにということでした。また、こんな組合せ、あんな組合せをいろいろ持ってきたり、写真に撮ってきたりして考えると言うことです。勝負服はどれにしようか、というか、スーツはともかく、インナーが全部シャツなので、ちょっと考えて買ってこないと・・・。

|

« (10)フェイスニング | Main | (12)プロの信頼を作り出す メイク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference (11)プロの信頼を作り出す カラー診断:

« (10)フェイスニング | Main | (12)プロの信頼を作り出す メイク »