« 第1スピーチを振り返る | Main | (9)プロの信頼を作り出す 姿勢&ウォーキング(1) »

(6)・(7)表現力を高めるコミュニケーション

6月2日(土)10:30-12:22, 13:25-15:30延長して16:00)
講師:丹下 一
内容:自分を伝えるために、自分を開く。相手を感じる。自分のエネルギーを通常の30%集中・強化してステージに立つ。その変化を体感し、手法を身につける。

体を動かし、声を出す。ペアやチームを組んで触れ合う。即興で何かを作る。

のびをして、フルーツバスケットから始まり、いろいろなことをやりました。全部覚えていないほど。最後に平家物語のせりふの練習をしました。とりあえず、今日のうちにキーワードを書き留めておきます。

 自分の今の体調を知ること
 今の体調にあわせていくこと
 左脳と右脳の両方を使うこと
 イメージをすること
 声をまっすぐ前に出すこと
 人の体は楽器
 気持ちが良い方に体を動かすと、反対側もほぐれてくる
 肩の力を抜いて、口から喉、お腹まではパイプ(管)だと思って声を届ける
 イメージは、自分が体験したことに置き換えて作ると強い
 Oリング 「がんばる」は我を張るので体に悪い 「一生懸命」はいい

全体的に、もっと体が感じることを大切にしてみようと思いました。楽器だと思うと、もっと手入れしてかわいがって大事にしなくっちゃ。体が食べたいものを食べようとつながるなぁと感じたことでした。

|

« 第1スピーチを振り返る | Main | (9)プロの信頼を作り出す 姿勢&ウォーキング(1) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference (6)・(7)表現力を高めるコミュニケーション:

« 第1スピーチを振り返る | Main | (9)プロの信頼を作り出す 姿勢&ウォーキング(1) »