« 行き詰まって | Main | 万歩計効果 »

幅を広げる

弁理士会に知財価値評価推進センターという付属機関がある。私は去年からそこに属している。ここにいると、どうしても会計とのかかわりが避けて通れない。簿記をやろうと思い立ったこともあるのだが、どうにもとっつきにくい。いっそ会計士をとってしまった方が体系的理解のためにはよいだろうか。幅も広がるだろうし。などと思ったりもしたが、とくに知財価値評価をやりたい気持ちが強いわけでもないので、それにしては投資効率が悪い。おまけにセンターでご一緒している会計士弁理士(非常に希少価値だ)の人に、「会計士試験って、どうですか?」と聞いてみたら、「あれは学生の受ける試験ですよ」と言われてしまった。いまさら監査法人で実務経験でもないしねぇ。

ところで、知財の価値を考えるということは、そこにある特許権を金銭評価することにとどまらず、その企業にとって、事業にとって特許がどんな意味を持つのか、有意義な知財をとるというのはどんなことなのかまで考えていく必要がある。知財戦略という部分にかかわってくるのだが、これが経営戦略の下に来るものであることは当然である。

なにぶん大企業であれば自前で価値評価にしろ知財戦略にしろまかなえるので、独立士業としての弁理士がこのあたりを取り扱う意味は、どうしても中小企業支援になる。弁理士会の掲げるミッションとしても中小ベンチャー支援となるのは当然。

しかし、弁理士というのは大半が大企業からの出願のアウトソースを受けて食べていて、中小企業に対しても同様に行動していることが多い。知財立国で、知財をテコにして業績を向上、経営戦略に絡めた知財戦略、知財の面からのコンサルティングが必要とか急にいわれても、中小企業の経営がどうなっていて、その中でどんな風にしていくのがよいのかなんてことは知らない人が多いだろう。もちろん私も同じだ。

ということは、自分自身を中小企業に売り込むにしても、今ひとつこれでは魅力が薄い。リソースに限りのある企業としては、一人何役もできる人材の方が喜ばしいだろう。もう少し中小企業の経営全般についてしっかり押さえておく方がよいのではないか?

という流れで、今般、中小企業診断士試験を受けることにした。まあ資格取得が一番の目的というより、そのための勉強を通して中小企業の経営全般にかかる知識を得るのが目的。もちろん資格はあった方がよいし、早く取得してしまった方が全体の体系を見渡すにもよいので、1年ストレート合格を目指すけれども。

この1年を通じて、自分の視点が変わることを期待している。

#今更で意外性がなくて申し訳ない。

|

« 行き詰まって | Main | 万歩計効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36710/16910119

Listed below are links to weblogs that reference 幅を広げる:

« 行き詰まって | Main | 万歩計効果 »